ご自身だけの引っ越しは業者に頼まな

ご自身だけの引っ越しは業者に頼まないでやった方がコストを抑えることができるし費用的に良いと思うかもしれません。ですが、実際は大物を運ぶのも骨が折れますし、とても時間も手間もかかるのです。
ならば、引っ越し業者の単身パックを利用した方がコストダウンできますし、時間も人手もかからないので、お勧めです。
引っ越し業者にお願いするとしても、自分自身でできる範囲の梱包をやっておけば、比較的、引っ越し料金を節約できます。それに加えて、当日、引っ越しに掛かる時間も短縮することができます。テレビやネットのCMや広告などで全てお任せできると謳っている引っ越し業者でも実際にはいろんなプランが用意されてますので、自分でその内容を調べてみるほうがよいでしょう。引越しといえば、粗大ゴミの整理です。
引っ越す時に捨てるのは手がかかって大変ですから、早期に大きな粗大ゴミは捨てていくことを推奨します。
荷物をまとめ始めるのと同じ時期に粗大ゴミを処分すれば、のちほど楽になります。
処分日を前もってチェックしておくことも大切です。引っ越しが完了して、無事に新しい住所での生活を始めるにあたって運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。
運転はほとんどしないからということで、数年先の免許更新時までは別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。例えば、携帯電話を申し込んだり、機種変更をしたりする際は常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。
また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。因みに、住所変更で免許証が再発行されるわけではなく、裏面に新住所が新たに記載される形です。
時間もそうかかりませんし、早めに済ませておいた方が面倒がなさそうです。
引っ越しでは見積もりはなるべく早くに依頼したらいいですね。
転居間際で見積もり依頼をすれば、じっくり検討せず先に進めてしまうこともあります。
加えて、早期に、引っ越しの会社を選んだ方が転居のお金も安価で済むでしょう。転居まであまり日付がないと、少ない業者から選らばないといけないことにもなるので、気をつけましょう。引っ越しで大きい荷物を運ぶ際、特に気を付けたいことと言えば、大型家具、家電などにはなるべく傷をつけたり、壊したりしないようにすることでしょう。
新しい住まいのために購入したおしゃれな家具などは、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして運びましょう。
新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。
しかし、細かいキズだらけにしてしまったりすると、とても損した気分になりそうです。
引越しのアートは、CMで見て認知していました。イメージキャラクターがドラえもんだったので、子供の希望を叶えたいこともあり引越しのアートに決めました。
引越しのトラックにもドラエモンがプリントされていて、子供にとっても楽しい引越しができました、料金やサービスも満足し、引越しのアートを選んで良い結果となりました。大変な事をしてしまいました。一人暮らしのために、誰からの助けも借りずに一人の力だけで引っ越しをしたのです。きっと大丈夫だと予想していたのです。ですが、結果としてとても大事な家具に大きなキズがついてしまったのです。
壁際に置く時、ぶつけて傷ができてしまいました。
無茶苦茶後悔しています。
この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、どうしてもすっきりしないことがあったんです。液晶テレビの運搬に限って専用の保険があると言うのです。問題になったのは40型の液晶テレビで、購入したときの価格が30万円以上の品は、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかもやもやは今でも消えません。
アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、立会いという名の部屋のチェックが入ることを知っておきましょう。
管理会社から、担当者が来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。
退去時の立会いが終わったらめでたく退去が叶います。
ケースごとに多少違ってきますが、電気ガス、水道代など公共料金の清算はすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。
それらの中でも、特に大事なものと言えば免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。運転免許証の住所の変更ですが、これは便利な本人証明書という側面も大きいこともあって、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、なぜか車庫証明の登録し直しのことは、忘れられがちです。
これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。
そうすると二度手間にならずに済みます。引っ越しの手順は、面倒なことばっかりだなと感じていたら、水道の手続きは、電話でも可能だそうです。
どうってことない話かもしれませんが、なぜだか、非常に嬉しいです。喜びついでに、電話すべき時期もチェックしてみたら、3〜4日前までにとの記述を見つけました。すぐに、電話をします。
専門業者の引っ越しでは、誰が、どこへいつ引っ越すかが決まった後に、費用などの見積もりを業者に依頼し、自分たちが納得いく結果が出れば、正式な依頼のため、契約書を取り交わします。
費用を節約するため、荷造りを自前ですすめる場合は、業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。
当日は、特に取り決めていない限り、流れはすべて業者に任せて大丈夫です。仕事の移動により、転居する事が決まりました。
東京を出て仙台です。
インターネットの光回線も言うまでもなく、キャンセルする事になります。
次は、光回線をやめ、ADSL及びWIFIにしようかと思案しています。最近、稼業が忙しくネットをそれほど使わなくなったからです。引越し業者はたくさんあるので迷ったのは事実です。周りの人や口コミなど評判を見聞きしても、その時の営業さんやバイト君の対応ひとつで、評価は良かったり悪かったりと色々で、最後には、アリさんとパンダさんが雌雄を決することになりました。
公団から新築住宅へ引越した訳ですが、スムーズに引越し作業をしてもらえたので、アリさんに、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

大変な大掃除、それは引越しの時です。家具を運び出してか

大変な大掃除、それは引越しの時です。
家具を運び出してから、綺麗に掃除するのは当たり前ですが、あらかじめ、少しずつ始めていくのが後々自分が楽になります。コツは荷造りの前に、掃除をやってしまうことです。
その結果、最終的にはさっと軽く掃除すれば全てが片付きます。
引越しする際の一括見積もりを利用するのは初めてでした。
問い合わせをたくさんする手間が省けて、めんどくささを感じませんでした。
問い合わせ後、何社かの引越し業者から、見積もりに伺いたいと連絡がありました。
ブッキングを避けるように調整するのが難しかった。学校を卒業した直後、仲の良い友達と一時住んでいました。
ほとんどはペットを飼えないアパートで、友達は猫と一緒に暮らしていたため猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。
続きを読む http://大変な大掃除、それは引越しの時です。家具を運び出してか

法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合

法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、必ず、退去時の原状回復義務があります。経年劣化は避けられないこととして考慮されます。入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用が発生するわけですが、日焼けなどの退色や自然な質感の変化と見なされれば修理費用を請求されることはありません。
賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのが次に住む人のため、そして自分のためなのです。
転居すると、様々な形で届を出して、結果として変更を迫られることもあります。
固定電話の番号は、その最たるものです。
引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を確認しておきましょう。
固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、市内局番のエリアが変わらない転居であれば、引っ越し後も同じ電話番号を使えます。引越しの際エアコンの取り外しが全くできませんでした。友人に協力を要請すると、自分でするなんて絶対にできないと言われたのです。
そういった経緯から、エアコン取り付け業者に申し入れし、引越し先で使えるように、取り外しの作業をお願いしたのです。
とても簡単に行っており、流石だと脱帽いたしました。世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。
この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことがその理由です。
多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだとよく聞くのですが、どうやら煩わしい手続きが重なるということが原因だそうです。電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、元の土地でも引っ越し先の土地でも行わなければならない手続きが重なっていますから、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。
引越しの挨拶を行うなら、引っ越したらすぐに行った方が喜ばれると思います。
荷物を運び入れるときの騒音などで、迷惑をかけたお詫びも兼ねて、丁寧に挨拶をしておきましょう。
転居する前に、一言挨拶をしておくとトラブルを防げるかもしれません。
どうなったとしても、できるだけ速やかに挨拶に行った方が、良い印象を持たれます。
引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、とりあえずダンボールを外すことはできません。新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。
大きくて軽い物、小さくて重い物、ワレ物等々、荷物によって箱の使い分けできるように、サイズは大小用意しておくと作業しやすいはずです。家中の物を詰め込んでいきますし、人によってはかなりたくさん使うことになるでしょうから、なるべく、個数は多めに準備しておいた方が良いでしょう。さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。
しかしながら、何と言っても、引っ越し業者の用意するダンボールを使うのが無難かもしれません。
市販のものを購入するより安くつくことが多いです。
引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、頼りになる業者が赤帽でしょう。中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに実績があります。ほとんどが時間制の料金が適用されるので、荷物運びを手伝うことで引っ越し作業にかかる時間を出来ますから、率先してドライバーを手伝いましょう。
赤帽車が軽という懸念があるかもしれませんが、一般的な引っ越しの荷物の量であれば、何の問題も無いでしょう。引っ越しの際に重要な点は、もろい物を丁重に梱包するという点です。
電化製品で箱があるなら、何の問題もありません。
しかし、箱を処分してしまった場合も多いでしょう。そんな事態には、引っ越しのプロの方に荷造りしてもらうと問題なしです。もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、車も住所変更届が必要になりますが、ナンバープレートが変わることについては気にする方もいるでしょう。
引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、転入先を管轄する陸運局の問題です。引っ越す前の居住地と同じ管轄内ならばナンバープレートの変更はありません。管轄が異なる地域であれば、ナンバープレートも変更されるというのが決まりです。通常では、引越しに追加料金がかかることはありません。
ただし、それは、業者からの、事前の見積もりがあった場合や自己申告した家財道具の量が正しい場合のみです。引っ越し業者は、トラックの容量や作業時間で引越し料金を算出しています。
万が一、大幅にオーバーする場合は、追加料金が発生するでしょう。
引っ越ししようと決めたのに伴い、エアコンが要らなくなってしまいました。普通の賃貸ですと、エアコンの設備があります。今住んでいる場所は、古い寮のため、エアコンは自分で付けることになっていました。
寮じゃなく、賃貸にした方がよかったと、今頃後悔しています。
引越し会社への一括見積もりを初めて活用しました。
問い合わせをたくさんする手間が省けて、めんどくささを感じませんでした。活用した後、引越し業者の複数から、見積もりのために伺いたいと連絡がありました。重ならない時間調整が苦労しました。
マイホームに引っ越しした時には、隣のお宅に挨拶しに行ってきました。
ささやかながらお菓子を購入し、のしをつけぬまま届けました。最初の経験だったので、少々緊張しましたが、マイホームというとこの後、ずっと住み続けるところなので、お隣のお宅とは、仲良く気持ちのよい生活していきたいと思ってご挨拶に行って来たのです。
友達の紹介で、引越しのサカイに見積もりを出してもらいました。とても愛想の良い営業スタッフがやって来て、親身に相談にのってくれたのです。
思っていた以上に安価に見積もってくれたので、その日のうちに即決しました。
引越し自体もものすごく丁寧に作業してくれて、たいへん満足でした。
住民票の移動と連動する手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所変更届です。
運転免許証を写真付き身分証明書として使う場面は多く、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。
転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と一緒に新しい住民票の写し(本人だけの記載で良い。
住所変更した後の健康保険証や公共料金領収書なども有効)を所定の窓口に提出し、届を書き、少し待っていればすぐ変更できます。

引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱

引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、なるべく大型家具の表面や、家電にダメージを与えないようにしましょう。
新居にマッチするよう購入したおしゃれな家具などは、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して用心深く運ぶようにしたいものです。
新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。
しかし、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、とても損した気分になりそうです。
引越しの際に気をつけたい点は何個かありますが、特に覚えておきたいのはゴミの回収日を忘れないことではございませんでしょうか。
引越しを行う前の掃除では、ゴミ収集日のタイミングと合わせてゴミを集めておきましょう。資源ゴミや紙類の場合には収集日が月にたったの二度ほどの地域もあるので、一度出し忘れるとその後が面倒になります。
移転をして住所変更となった時には国民年金の、住所変更届けを出す必要がございます。自分が加入者である「国民年金第1号被保険者」のケースは新転地の窓口に、被保険者住所変更届を提出します。
「国民年金第3号被保険者」の事例では、配偶者が就労する事業主に被保険者住所変更届を手渡さなければなりません。
私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、かなり浸透してきました。
一般家庭向けの引っ越し業者を調べたときどこも引越社、引越センターなどの名前だったという先入観がありました。
ところが、運送会社は近年、家庭向けの引っ越しサービスに参入しています。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手であればサービスもしっかりしています。
引越しは、自力で頑張る場合と業者に、頼む場合があります。
単身だと、それほど荷物が多くないため、自分でしてしまうことができます。
引越し業者に、委託した時にびっくりしたことは、荷下ろしにかかる時間が短時間であるということでした。
段取りのみならず、二人で作業すると全然違いました。これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りでは手が汚れるだけでなく、カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、ケガの可能性が高くなります。また、荷物の移動を考えると、常に荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。軍手なら何でも良いわけでなく、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手を用意しなければなりません。
それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。
家を引っ越すというのは大仕事になります。
するべきことがたくさん出てきますが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから相当重要だと考えてください。
水はいつ頃使えるようになっていると都合がいいかというと、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避けちょっと念入りに、引っ越し当日の一週間程前に水が出るようになっているなら、一番良いです。
新しい住居に越してくる際、設置の場所に、かなり気をつけたい家電が洗濯機、というのは間違いないでしょう。洗濯機は、毎日大量に水を使う家電であり、十中八九、水道の近くに置かれるはずです。そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をしっかり行うようにします。私は引っ越しを行ったのを機に、持っていた不用品を買取りをしていただきました。
衣服や家具など、いろんなものがありました。
業者の方に家まで来てもらって、全てのものを査定してもらったのです。
そうすると、思いもよらない査定額となりました。
不用品が、なんとお金になったのです。すごく嬉しかったです。
荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。
ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、普通は一個ずつ底から包みますが、包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、衝撃を和らげてくれます。持ち手や取っ手がある器の場合は、飛び出たところを先に包むのがコツです。いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、転居後も同じガスコンロを使えるかどうか、確認することも案外大きな問題です。
私の場合は、家を新築したため、備え付けの新しいガスコンロを使う流れになりましたが、引っ越し先が中古の住宅であれば手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。
ただし、ガスの種類が違うと同じガスコンロを使えないこともあるので、引っ越す前に使っていたガスコンロをまた使うときや、新規購入を考えている場合は使える器具を調べておくことが必要です。
家を移るということは面倒ですが、家に犬がいる人の場合は凄く大変であると思います。どうしてかというと、引越しする日、犬に引越しの邪魔をさせないように見張っておく必要があるからです。
犬を転居先まで連れて、引越しトラックが到着するまで着いていなければなりません。
俺は昨年、単身赴任の引越しをさせていただきました。会社員になって初めての単身の引越しでした。社則で複数社から見積もりを作ってもらい一番リーズナブルな業者を選択するのですが、赤帽が最安値となりました。最初は少々不安を感じていたものの、手際よく引越し作業をしてくれたので、次の引越しでも赤帽に依頼したいなぁと思いました。
賃貸の物件から引っ越す場合には、退去時の原状回復義務はつきものですが、しかし入居中に経年劣化することも確かです。入居中に破壊してしまった部分は修理費用の請求につながる可能性が非常に大きくなりますが、壁紙の自然な退色や、モルタルの小さいひびなどは回復義務は生じないことが多いです。賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。
転居先がごく近所であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。
方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ何度も時間をかけて新居に運び入れます。時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことで自家用車であっても、たくさんの荷物を運べるはずです。
大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。この方法を実行できれば、費用は大幅にコストカットできるはずです。

引っ越し作業を業者に任せないで、自分で

引っ越し作業を業者に任せないで、自分で引っ越し作業をしたいならまずは荷物を少なくすることを考えます。
そんなに荷物を載せられない、一般乗用車で荷物を運ぶのですから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで要領よく梱包していく、割れ物の類は衣類でくるんで荷造りする等々、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせて一緒に衣類も運べるという、チョイ技になっています。こうして、荷物の圧縮を行って、なるべく少なく小さく、パッケージングします。
仕事先が変わった事により、引っ越しする事態となりました。東京を出て仙台です。インターネットの光回線も元より、注視する事になります。次項は、光回線ではなく、ADSL並びにWIFIにしようかとの腹積もりでいます。
最近、稼業が忙しくネットをそれほど使わなくなったからです。
引っ越ししようと決めたのに伴い、エアコンが要らなくなってしまいました。
普通の賃貸物件ですと、エアコンの設備があります。今住んでいるところは、年代物の寮だったため、エアコンは自分で付けることになっていました。
寮なんかじゃなく、賃貸にしとけばよかったとほとほと後悔しています。一番最近の引っ越しは結婚したときですが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。
全面的に専門の業者に任せた引っ越しというのは初めてでした。
ですからコールセンターへの電話も緊張していました。それでも、スタッフはどの方も対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもヤマト運輸を利用したいと思います。なるべくなら、引越し当日は晴天がいいです。
もしも、雨が降ったら、大変なことだと思うのです。
そのままだと、何もかもが雨に濡れてしまいます。テーブルや椅子、冷蔵庫もです。
晴れだったら、そのまま運搬できるのに、雨の場合には、シートが必要になります。それは、手間のかかることになるでしょうし、家具や家電が濡れてしまうことは抵抗があります。業者へ引越しの依頼を行うと、見積もりをくれます。
問題はないケースがほとんどですが、一応確認をしておくことをオススメいたします。見積書の内容に含まれていない場合は、追加料金をとられてしまう場合もありえるのです。
何か疑問があるときは、できることなら契約前に、聞いてみてください。
賃貸住宅から引っ越すと、必ず、退去時の原状回復義務があります。
その一方で、住宅は必ず経年劣化しています。
どう見ても破壊や破損だと判断できるところは退去時に修理費用を払わなくてはならないわけですが、経年劣化と見なされる日焼けなどは回復義務は発生しないのが普通です。賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。
同じ町内など、引っ越し先が近い場合は専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。やり方ですが、自家用車で運べる荷物はたくさんあるので、まずそれらを何度も時間をかけて新居に運び入れます。時間のある時に、何度も少しずつ運ぶことであまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。
大きな家具や家電は、引っ越し最終日にトラックを一日かりて、全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。こんな風にできると、引っ越しにかかる総支出を大幅にコストカットできるはずです。引っ越しの荷物の移動についてですが、扱いに少々気を付けておきたいのはなによりも、洗濯機ではないでしょうか。
毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、近くに水道のある所に設置されることになります。そういった場所にある洗濯機のまわりは、湿気がたちこめ、また、排水溝のトラブルで簡単に水漏れが起こる可能性も考えられ、部屋の換気に気を配ったり、水漏れの対策は不備の無いようにしておきましょう。
引っ越しをする場合、アート引越センターを選びましょう。
複雑な準備作業も順調に終わらせることが出来ると思います。
荷造りのための段ボールの用意や家具の運送などなど、ありとあらゆる引っ越し作業を支えてもらえます。重量のある家具や荷物の運送もきちんと対応してくれますから安心ですし、滞りなく新居へ移ることが出来るでしょう。
引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は同一内容の引っ越しで比べても時期による変動は必ずあります。
人の移動が多い年度末や長めの休暇中だと引っ越しの依頼が多いので、基本料金そのものが高くなることが多いです。
事情が許すのであれば繁忙期を避けた引っ越しができるなら費用面では断然お得です。
費用の差が倍近くになる業者もあります。荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、当日慌てる羽目になることもあるようです。
準備のためには、前日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば他にやることはありません。
当然ながら、生ものや氷は、前日までに計画的に消費し、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。
引っ越しに慣れていない方にとって往々にして、引っ越しは一生でも転換期になり得るわけですが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあるかもしれないと考えておきましょう。引っ越し当日は特に忙しいものですが、いろいろな仕事が集中したときに想定外の事態が生じると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。
予定は余裕を持って立てておき、前日までにやり残しがないようにしておかなくてはなりません。
つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときまずクローゼットを空にしてみるとここまでいらないものばかりだったかと呆れかえりました。服なんて何年も着ていないものばかりでした。
思いがけず、引っ越しのおかげで今までためこんでいたものを捨てられて、引っ越しの荷物も、自分自身もスッキリしました。ライフスタイルが変わってテレビでNHKを見ることがなくなったなど、NHKに解約を申し込んでも、NHKが受信できないことを証明しなければならず、意外と手間がかかるものです。
また、受信料を口座引き落としにしていると、解約手続きで時間をとられている間に、容赦なく受信料が引き落とされます。結論を出したらすぐに、解約に着手するしかありません。